ニュース一覧

作業効率に関わる主要部分

ウーマン

ロス時間削減に繋がる方法

各企業において、仕事上の打ち合わせ等で必要となる資料や各商品に添付する説明書等を準備する為には、マニュアル作成をしっかり行う必要があります。マニュアルの中身に関しては、社内向けと社外向けで趣が異なりますが、どちらも読み手に分かり易さを伝える必要があるという点では同様と言えます。但し、分かり易さに拘り過ぎると、ページ数が嵩んだり、説明が回りくどくなったりすることで、完成度を高めるのに思いの外時間を要する恐れがあります。そこで、そのようなロスを出来るだけ無くする方法として、マニュアル作成用ソフトウェアツールの利用が挙げられます。このソフトウェアツールの最大の特徴は、全体的な枠組みや基本的なページ構成が予め備えられていて、必要に応じて素材や文章を埋める作業を行うだけでマニュアルが完成することです。また、文書や画像を作成するアプリケーションを操作出来なくても、このマニュアル作成用ソフトウェアツールを利用すれば、誰でも簡単にマニュアル作成が出来てしまうことから、非常に利便性が高いと言えます。尚、従来までは、パソコン等の端末にインストールして使用するタイプが主流でしたが、最近では、クラウドコンピューティングの普及により、クラウド型のソフトウェアツールとして提供されるようになって来ました。その為、社内に限らず、外出先からでもマニュアル作成に関わることが出来て、更に、迅速に更新情報を周知出来ることから、確実に作業効率の向上に繋げられます。